暮らしにフィットするデザインオーダー家具 Blue Design tokyo

価格&制作例

毎日の笑顔を生む「満足」を約束します


 

 

大池浩子様のご自宅で、お話を伺いました。

写真左・当店高橋   中央・大池浩子様    右・当店増田

 

「友人宅で見た製品が素晴らしくて、
   『是非にこの会社にお願いしたい!』と思いました」

 

-- オーダー食器棚を使ってみて、率直な感想を教えてください。

キッチンで食器を出し入れするのが一回一回とても楽しいです。取っ手ひとつも自分で選べましたので、思い入れがすごくあります。使い始めて愛着も出てきたのでキッチンにいるのが楽しくなりました。

キッチン天板と食器棚カウンターを、
同じ大理石に合わせて、統一感を演出。

カウンターが引き出せるので、ちょっとした作業に便利。

リビング側から見たオーダー食器棚。
色や材質まで合わせたので、お部屋全体やキッチンに、違和感なく溶け込んでいます。

-- 食器棚を購入しようと思ったきっかけは?

マンションを購入することが決まったからですね。いろいろ家具を見てるうちに、キッチンにぴったりの食器棚が欲しいなあと思い始めたんです。

-- オーダーメイドではない、他の既製品とも比べましたか?

はい。いろいろ探し回りました。
でも、自分が慣れた使い勝手ですとか、好みのイメージですとか、自分の希望にかなった食器棚はなかなか店頭では見つかりませんでした。

-- 「Blue Design」は、どうやって知ったのですか?

友人が、過去にオーダーメイド家具をお願いしていたんです。その友人から、ホームページを教えてもらいました。
ホームページを見ると、事例ですとか、お客様の声がたくさん出ていまして、ここなら私のイメージ通りのものを作ってくれるんじゃないかな、と直感したんです。他の説明も詳しく読んでみると、作っているもののセンスの良さにもひかれました。それで本格的に検討し始めました。

-- 「Blue Design」を選んだ、最後の決め手は何だったのでしょうか?

友人のお宅にお邪魔して、「Blue Design」さんが作ったものを、実際に見せていただいたんですね。そうしたら、扉の面材を合わせたりして、キッチンカウンターと本当にぴったりな出来上がりになっていて、これは素晴らしい!と。
是非これを作った会社にお願いしたいと思いました。

 

「女性の設計士さんが私の担当になってくれました」

 

-- 依頼の電話をかけたあと、どのように進んでいくのですか?

まず高橋さんという女性の設計士さんが、私の担当になってくださいました。電話で「どんな食器棚をつくりたいですか?」と聞かれましたので、手書きで希望の設計図を書いて、FAXしました。

-- 手書きの設計図! すごいですね。

いえ、素人が書いたものなので、分かりにくいんですけど。
それを見た高橋さんは、私の図をすぐに本格的な図面に書き起こして、メールしてくださいました。しかもその図面から、すぐに見積もりまで出してくれましたし。 あの時、自分の希望がみるみるカタチになっていくプロセスが、嬉しかったですね。


大池様が書いた、最も初期の希望設計。
この図を基礎にして、いろいろなアイデアを盛り込んでいきました。

 

「ゴミ箱用のスペースまでうまく活用する、アイデアを頂戴しました」

 

-- 大池様が特にこだわった点について、教えてください。

トール棚とゴミ箱用スペース

そうですね。3つあります。 【トール棚】【ゴミ箱】それから【カウンター・吊り戸棚の高さ調節】です。

-- 順にお訊きします。まず【トール棚】について教えてください。

日常的に使う食器ってある程度数が限られていますので、普段使う食器は、なるべくまとめて、取り出しやすい位置に並べたかったんです。だから吊り戸棚とは別に、トール棚も作っていただきました。大ぶりのお皿をトール棚の方に入れるようにすると、すごく便利ですよ。
ただ最初、【トール棚】は、自分のアイデアの中にはなかったんですね。打ち合わせの途中で、高橋さんからアイデアをいただきまして、私も「あ。それ、いい!」と即座に決めました。

-- 2つ目に、【ゴミ箱】のこだわりについて聞かせてください。

上部奥のデッドスペースまで、
うまく活用されています。

これまでペダル式のものを使っていましたので、今回も同じようなものを使いたいと思っていました。 高橋さんにすべてサイズをお伝えしまして、いろいろ提案もしていただきました。

-- 設計士・高橋は、どんな提案をしてくれたのですか?

たとえば、最初、私は詰め込み気味の図面を書いたんですけど、高橋さんはほんの少し余裕を持たせた設計を提案してくれました。おかげですごく使いやすくなりました。
あと、キッチンで立っていると見えない場所なんですけど、スペースの上部奥にちょっとした棚をつけてくださいました。そこに棚があるだけで、ゴミ袋とかレジ袋を置いておけるようになったので、すごく便利です。やっぱり女性ならではの視点だと思います。

-- たしかに女性設計士ならでは。僕だったら絶対に気がつかないですね(笑)

高橋さんからは、アイデアをいろいろ頂戴しました。私の要望とうまく合わせながら、すごくいい設計をしていただけました。

左奥・大池様  右手前・当社高橋

 

「一箇所を変えるたびに、ひきだしの高さもぜんぶ変更して、設計図を書き直してくれました」

 

-- 3つ目に、【吊り戸棚・カウンターの高さ調節】について教えてください。

これまでも吊り戸棚式の食器棚を使っていましたが、やっぱり自分の取り出しやすい高さというのがあるんです。それをどうしても実現したいと思っていたんですけど、既製品ではなかなか理想のものが見つからなくて…。あと数cmなんですけどね。
高橋さんには、「私の身長でも3段目まで手が届く高さ」という、細かなオーダーをさせていただきました。そこが工夫した最大のところです。ただ、吊り戸棚を低くしたことで、カウンターと吊り戸棚の間の、家電を置くスペースが狭くなってしまったんです…。

三段目の棚まで手が届くように設計しました。

3箇所の高さを数cmずつ調整して、
理想の食器棚が出来上がりました。

-- 吊り戸棚を低くしたことで、家電用スペースが小さくなってしまった、と。

今後、高さのあるオーブンレンジに買い替えたとしても、置けるだけのスペースを確保したいと思いまして、カウンターの位置を下げてもらいました。

-- 吊り戸棚、家電用スペース、カウンター、3つの高さ調整したのですね?

はい。普通カウンターって、キッチンと同じ高さで作られているので、既製品では対応できませんでした。 それが「オーダー食器棚」の高橋さんには、数cm、数㎜単位の微調整をしていただけました。一箇所の高さを変えるたびに、ひきだしの高さもぜんぶ変更する必要があったので、根気強くやっていただけてありがたかったです。

 

「最初の見積もりの時から、他社さんより素早い対応だなあと思ってました」

 

-- 「Blue Design」の対応はいかがでしたか?

回答のスピードがすごく早いです。
たとえばさっきの、高さの微調整をお願いした時にも、いつも翌日までには回答してくださるんですね。しかも、気持ちよく答えてくれました。
一方、最初マンション系列会社さんにも見積もりをお願いしたときは、返答にとても時間がかかりました。その会社さんを挟んで、さらにデザイン会社に見積もりを依頼してたみたいで・・。
ただそうなると、ワンクッションにもツークッションにもなってしまいます。わずか数cmのこと、わざわざお手間を取らせて申し分けないかなぁと思って、申し上げにくくなってしまうんです。
その点でも、「Blue Design」さんの素早い対応は、ありがたかったです。

 

「トラブルがあっても『お客様から逃げない姿勢』に、本当の誠意を感じたんです」

 

-- 壁面収納も同時にオーダーされたのですか?

はい。こちらは主人の希望でオーダーしました。リビングって、意外に収納するスペースがないんですよね。


リビングの壁一面を収納にする壁面収納家具を納品しました。

-- 壁面収納の納品時に、ちょっと手違いがあったとか?

「Blue Design」さんが取引してるメーカーさんが、材料の手配が遅れて、予定の納品時には、少し違うカタチの扉を取り付けることになったんです。 ただ、その時に、本当に最後の最後までスタッフの方が誠心誠意やってくださいまして会社としての姿勢に、本当に誠意を感じたんです。

-- 無事に、扉は設置されたのでしょうか?

材料が届いてからは、きちんと新しいものに付け替えてもらえました。 出来上がるまでには、いろいろご苦労もあったと思いますが、「Blue Design」さんのお客様に対する真摯な対応に、より一層信頼感が増しました。

-- 最後に、いまオーダー食器棚を検討されている方に、アドバイスをお願いします。

せっかくオンリーワンの食器棚を作るので、どんなに細かい希望でも、とことん聞いてくれる会社にお願いした方がいいと思います。その点「Blue Design」さんは、「数センチだけ高さを変えてほしい」とか、どんなに面倒なことを言っても素早く対応してくれますので、お勧めです。

 

 

 

 

※ 取材日:2010年8月30日
※ 取材者:ライター吉田 隆

お電話でのお問合せ 0120-953-582
お問合せフォーム

pagetopに戻る