暮らしにフィットするデザインオーダー家具 Blue Design tokyo

ICFF 2016

世界で磨かれたデザイン力

 

 

 

 

 

 

Jacob K. Javits Convention Center of New York Level 3, 655 W. 34th St., New York, NY 10001,
14th-17th May 2016

会場 Jacob K. Javits Convention Center


私たちBlueDesignは皆さまの住環境をオーダーメイド家具を通じて向上させることをミッションとしています。
そのためには、よりよいデザインができるように私たちが常に学び、努力していかないとなりません。 良いものをたくさん見ること、触れることはもちろん、デザインについて悩み、そして発信することも大切だと考えています。

2010年 11月 Tokyo Designers Week
2011年 11月 Tokyo Designers Week
2012年 4月 Milano Salone Satellite
2013年 4月 Milano Salone Satellite
4年続けて国内外の展示会に参加し、スキルを上げるとともにデザインを発信してきました。

そして2016年、BlueDesignはおかげさまで十周年を迎えることができ、一つの節目と考えニューヨークで開催されるICFF 2016(INTERNATIOAL CONTEMPORARY FURNITURE FAIR)という北米最大規模の家具の展示会へ出展することにしました。

今回は「照明」にチャレンジすることに決めました。いままで、ずっと興味があったのですが制作できなかったジャンルです。

作品のコンセプトとしては日本の「伝統」「和」「美」をアピールできること。そしてまだ誰も手掛けていないものを作りあげることとしました。

コンセプトに沿った素材選びから始めましたが、思いつく「和紙」や「ガラス」などは、すでにたくさんの作品で使われているものばかり。
「日本の伝統」などで検索してみると、既にさまざまな作品が作られています。その中で「見たことがあるよね」と思われないもの、誰も作ったことのないものをかなりの時間をかけて考えました。

そしてたどり着いたのが、手まりです。
これでランプを創れたらとても美しいのではないかと考え、手まり作家の布さんに話を聞いていただきました。

ベースとなる球体の加工や特注の照明器具、最後に模様の編み込みなど多くの方にお世話になりながら「手鞠LAMP」が完成しました。

会期中はとてもたくさんの方に見て、そして触れていただきました。
みなさんから「beautiful」と声をかけていただきとてもうれしい有意義な展示会にできたと思います。

InteriorDesign という雑誌の取材も受けました。 WEBにその様子がアップされていますのでよかったら見てください。
インタビューの様子はこちらから 冒頭の照明が作品です。


Milano Salone Satelliteに参加したときにも思ったことなのですが、デザインには決まった形やゴールはありません。
これからも常にデザインと向き合い、努力を続けていきます。
そしてひとりでも多くの方の住空間を素敵な場所にしていきたいと思います。

会期中多くの方に触れていただけました。

布仁美さんの本物の手まり

山形ビエンナーレ2016にて展示されました。

※ナカムラクニオ様のお店『6次元』に展示されています http://www.6jigen.com/

製作協力:布仁美様 http://nunohitomi.ko-co.jp/
株式会社 昭興電器製作所 http://www.shoko-denki.co.jp/


お電話でのお問合せ 0120-953-582
お問合せフォーム

pagetopに戻る

pagetopに戻る